一人暮らしを始める方、失敗しない上手なお部屋探しのコツはこちらです。

一人暮らしのお部屋探し、6つのステップ

さっそく一人暮らしのためのお部屋探しを始めましょう。
一人暮らしに限らず、お部屋探しは大まかには次のステップで進めます。

 

探す部屋の条件を決める

   ↓
ネット上で部屋を探してみる
   ↓
部屋の下見に行く
   ↓
部屋を借りる契約をする
   ↓
新しい部屋に引越しをする
   ↓
住んでからの問題点に対処する

 

以下、各ステップを簡単に説明しておきますので、必要に応じて各ステップの詳細に進んでください。

まずはどんなお部屋を探すのかをはっきり決めよう

一人暮らしだろうが何だろうが、お部屋探しは、探すための条件を決めなければ何も始まりません。
まず、どこのエリアに住みたいのか、予算(毎月の家賃の上限)はいくらぐらいかを決めましょう。
その上で、建物の種類、間取り、設備など細かい条件も決めていけば、探すべきお部屋の候補はだんだん絞られてきます。

 

→「探す部屋の条件を決める」コツはこちら

条件に合う部屋を実際に探してみよう

一人暮らしのお部屋探しの条件がだいたい決まったら、さっそくネットを使ってそのエリアにどんな物件があるかを調べてみましょう。
パソコンや携帯を使えば、写真や間取り図などの情報がいくらでも手に入ります。
考えるより先にどんどんアクセスしてしまいましょう。

 

→「ネット上で部屋を探してみる」コツはこちら

気になるお部屋の候補を実際に見てみよう

ネット上で、何となく一人暮らしによさそうなお部屋がいくつか見つかったら、次は実際にそのお部屋を見に行きましょう。
そのためには不動産会社にアポを取って、実際にそのお部屋を案内してもらいましょう。
このとき、漠然とお部屋を見るだけではなく、いろいろチェックすることが大事です。

 

→「部屋の下見に行く」コツはこちら

いい部屋が見つかったら契約しよう

いくつかのお部屋の中から、あなたの一人暮らしにもっとも気に入ったものが見つかったなら、次は不動産会社で賃貸借契約なるものを結ぶ必要があります。
ここできちんと納得の上契約しないと、のちのちトラブルになってしまいます。

 

→「部屋を借りる契約をする」コツはこちら

手続きが完了したら引越しの準備をしよう

一人暮らしのためのお部屋を借りるための契約が終わったら、いよいよ引越しです。
いざ引越しをするとなると、結構面倒なことがいっぱいあります。
ぜひ上手な引越しをこころがけましょう。

 

→「新しい部屋に引越しをする」コツはこちら

引越してからも心配なことは早めに対処しよう

引越しも終わり、念願の新しい一人暮らしの生活が始まります。
でも、引越して実際に新しいお部屋で生活してみると、これまで気がつかなかったことがいろいろ出てきます。
それらへの上手な対処の仕方も知っておきましょう。

 

→「住んでからの問題点に対処する」コツはこちら

 

さらに一人暮らしに準備するものも生活用品や調理用品などいろいろあります。

 

→準備したい生活用品はこちら

→準備したい調理用品はこちら

PR情報